Applying for Visas for English Speaking Countries
ホーム
情報
イギリス
アイルランド
オーストラリア
ニュージーランド
アメリカ
カナダ
南アフリカ
マルタ
カリブ海諸国
TRAVBLA

ビ ザ


英語の学校に申し込もうと考えるとき、ビザの申請は大変な過程のように思われがちですが、どこの国々も同様でそんなに複雑では りません。そして多くの場合、ビザは必要とされません。 3ヶ月未満(時々6ヶ月)の留学の場合、ビザは必要とされません。ビザの規定は、どこの国出身かと、どこで勉強したいかによります。例えば、ヨーロッパ出身の学生の場合、イギリスとアイルランドに入国する際ビザは必要 りません。 日本人の場合も、3ヶ月未満の留学予定者はビザが必要 りません。


第1ステップは、学校を選ぶことです。どこの国へ留学するか決めたら、日本の留学予定国の大使館で なたに必要な情報を見ることが出来ます。大使館のリストは、特定の国のページで利用できます。


希望の国の入国が許可されれば、次は通いたい学校に申し込みます。その後、学校側から授業料の請求と承諾書が同封された手紙を送ってきます。
何らかの理由で なたが学校に通うことが出来なくなれば、支払った額から管理手数料(通常$50~$100)を引いた額が払い戻されます。
学校側から書類を受け取った後、大使館または領事のビザ課に申し込みます。この手続きは、個人的に郵便でもインターネット上でも出来ます。イギリスやアメリカなど、いくつかの国々では、ビザの申請所で取得できる生態測定データの提出が必要です。 記録されるが、それが本人自らビザアプリケーションセンターを訪問しなければならないことを意味するように生物測定のデータに要求してください。


国よって多少異なりますが、以下の書類の全てを翻訳機 るいは翻訳サービスによって英語に訳されたものを提出しなければなりません。


  • - ビザの申請書
  • - パスポート用のカラー写真-サイズ(45mm x 35mm) 以下の条件を満たしたものが必要です。:
        - 背景が明るい色。
        - 鮮明で品質の良いもので、フレームや背景画が るものは不可。
        - 普通の写真用の紙ににプリントされたもの。
        - 顔全体が写っているもので、サングラスや帽子、文化的や宗教的理由でに頭が隠れるものを羽織ってるものは不可。(顔を覆うものは絶対に不可。)

  • - パスポート (6ヶ月以内に撮ったもの。)
  • - ビザの費用。 これは払い戻されません。留学先の国の通貨で支払います。
  • - 授業料を含む、入学の受諾を確認している学校からの手紙
  • - 卒業証書または教育的な証明書
  • - 履歴書のコピー。
  • - 滞在のための十分な資金を所持していることを証明できるもの。(銀行取引明細書や支払い能力の記述、所得税申告書、政府が保証人になっているという証明、保証人からの手紙など)
  • - なぜ海外で勉強したいかを説明する記述。
  • - 帰国の意思を確認できるもの。例えば、復路の航空券や大学や保証人からの手紙。



文書の翻訳

もし翻訳をするなら以下のの条件をクリアーして下さい。:
- 英語で
- 家族または申請の結果に対する興味を持つ人が作ったものではないもの。
- 両方の言語に精通している人または翻訳を仕事としている人。
- 翻訳師としての資格を持っている人や翻訳会社によってその文書が正確か証明されたものが必要。
- 翻訳サービスの社名や住所、電話番号が載った紙や封筒を使用。
- 翻訳サービス会社の押し印やサインが入ったもの。
- 原本または証明されたいるコピー。




生物測定のデータの情報には、規定は変わることが りますが、通常健康とレントゲンの証明が必要とされます。最も良い最新の情報は、日本の留学予定国の大使館から直接取得した方が良いでしょう。 よりたくさんの情報は、それぞれの国のビザに関する情報が載っているサイトに載っています。

出来る限り早め(少なくともコースが始まる2ヶ月前)にビザの申し込みをした方が良いでしょう。インターネット上で申し込んだ方が早い場合も ります。ビザ申請所は7月から9月までは、多忙時期になることを憶えておいて下さい。


国や申請時期によって異なりますが、ビザ申請に2〜6週間掛かります。



時間に余裕を持って計画することが重要です。6月から8月まで、大使館や領事館は超多忙時期で、面接の約束をその期間中得ることは非常に困難です。 何回も大使館や領事館へ行かなければならなくなることを避けるために、計画して行動する必要が ります。上記の書類の他に少しでも必要だと感じたものは、可能な限り待って行くようにしましょう。



大使館



大使館に書類を送ったり、面接をするときに、覚えておくべき最も重要な点は大使館が以下の証明を必要とします。

十分な資金:
大使館は、不法に働くことを望んでなく、 なた又は なたの保証人が留学期間中に十分な資金を持っている必要が ります。 なた又は なたの保証人が十分な資金が ることを証明するために銀行取引明細書を用意する必要が ります。そして、 なたの保証人が日本にいることと、銀行口座が日本に る方が好ましいです。

明確な学習計画と目的:
なぜ日本ではなく海外で勉強する必要が るのか?何を勉強したいのか?を説明する必要が ります。大使館は、 なたが学生ビザに指定されている目的以外で入国することを望んでいません。 これを証明するために、 なたは時々履歴書と学習経過を含む学習計画を説明するための手紙を書かなければなりません

日本に戻ってくる意思を確認できるもの:
ビザを申請した国との強い結びつきと、留学期間が過ぎ次第速やかに帰国する意思が ることを示す必要が ります。大使館は、不法に なたが滞在することを望んではいません。 これを証明するために、 なたは会社に勉強し終わった後、会社が なたを再雇用することを示す手紙を発行してもらえるように頼むことができます。









Russian Spanish Italian Korean Portuguese English Japanese German French Chinese