英語圏で英語留学のためにどこの国が一番いい?
ホーム
情報
イギリス
アイルランド
オーストラリア
ニュージーランド
ア メ リ カ
カナダ
南アフリカ
マルタ
カリブ
TRAVBLA

どこの国?

英語の学校を探す時、まず最初にどの国で英語のコースを勉強したいかを決定することです。多くの異なる要因に基づき決定しましょう。興味のある国や物価の安い国を優先的に決定します。英語を第一言語とする国々で主な場所はイギリス、アイルランド、アメリカ、カナダ、オーストラリア、ニュージーランド、及び南アフリカです。同様に英語を話す国々はカリブ海諸国とマルタ(第一言語ではないが)です。それらの国々で英語は公用語です。

どこの国で勉強をするか事前によく考えた方が良いでしょう。 日本の近くの国に滞在したいとか遠く離れた国で色々な経験をしたいや留学中にいろいろな国へ旅行に行きたい、日本人がたくさん滞在している国で勉強したい留学中に仕事をしたいなどを考慮した上でどこの国に留学するかを決めたほうが良いでしょう。 また、気候もあなたの経験に大きく影響してくるでしょう。

もし、アイルランドやイギリス、カナダ、アメリカの東海岸を選択すれば、9月から2月までは大変寒いです。オーストラリアを選択すれば、その期間は最も暑い季節を経験するでしょう。イギリスとアイルランドはよく似た環境なのでどちらを選んでも大差はありません。どちらも行き来しやすいので、出掛けてみては?心奪われる景観が広がっています。オーストリアとアメリカを選択すれば、国内をどこへ行くのにも長い時間と高い交通費が掛かります。

何を経験したいかによりますが、どこの国でも良い部分と悪い部分があります。


イギリスの英語留学

プラス+
イギリスは、英語を教えてきた長い伝統があり、1,000にも及ぶ学校から選ぶことが出来ます。街や市が隣接しているため他の箇所と比較することが容易いです。電車やバスの料金は高めですが、大変便利です。中でも最も高い都市はロンドンです。授業料も宿泊施設などの生活費も高いです。ロンドンから離れた都市では授業料も宿泊施設も割りと安めです。そして人々ももっと親切に接してくれるでしょう。スコットランドは、非常に好意的と評判があります。多種多様なコースがあり、実践でも役に立つ学習が内容です。退屈な時間を見つけるほうが難しいくらい、豊富な歴史や文化に触れることもできます。
マイナス-
他の国々と比較すると最も物価の高い国と言えるでしょう。気候は寒くて雨が多いです。イギリス国内でも、小間隔の地域でアクセントが異なってきます。アメリカやオーストラリア、南アフリカの英語はそれほど地域よってアクセントは異なりませんが、イギリスでは少し離れた隣町でも発音が異なります。 留学する国として人気があるので、世界各国から学生が集まります。そのため、バイトを探すのは、かなり難しいでしょう。イギリスの25%の学校で、学生に法律的に働くことを許可しますが、クラスに出席率で許可を取り消されることもあります。

アイルランドの英語留学

プラス+
アイルランドは、大変友好的で友達を作るのに簡単な国だと知られています。 ホームステイ家族も大変友好的です。留学に掛かる費用はイギリスよりも安く、イギリス英語とほぼ同じで、多少アクセントが異なります。古いヨーロッパの歴史を探求するのに適した国です。そして、イギリスやヨーロッパ各国への航空運賃も安く、簡単・ノ行くことが出来ます。
マイナス-
気候は、多くの人々はすぐに慣れると言いますが、一年を通して寒く雨が多いです。良い天気を求めても、アイルランドで良い天気になる保障はありません。

オーストラリアの英語留学

プラス+
天気は良くて、人々が友好的で、くつろいだ生活送っています。ライフスタイルは他の国々と比べると、より屋外で過ごすことが一般的で、人々は公園やビーチでゆったりとした時間を楽しんでいます。ホームステイのクオリティーは高く、家々はイギリスやアイルランドと比べると大きいです。
マイナス-
留学中により多くオーストラリア国内を旅行しようとすると、都市と都市がかなり離れているため、その旅行代は高額になります。 オーストラリアは大変多くのバックパッカーが来ることで有名です。イギリスやアイルランド、カナダから多くの人々が大学入学前や卒業後の1年間をオーストラリアで過ごすので、宿泊施設や英語を母国語とする友達を見つけることが他の国と比べると大変容易です。 夏(12月~2月)は非常に暑く、湿度が高いでしょう。

ニュージーランドの英語留学

プラス+ ニュージーランドは、驚くほどの大自然が広がっていることでよく知られています。屋外の活動が手ごろな価格で楽しめる事が利点です。ニュージーランドは、バックパッカーに人気のある場所でもあり、ホームステイのクオリティーも高いです。
マイナス-
遠く離れた国です。

アメリカの英語留学

プラス+
大都市と大景観が広がっている国で、大学などの教育は非常によく発展しています。60万人以上の外国の学生が毎年アメリカでで勉強しています。ほとんどの人々がアメリカについてのいくつかの先入観を持っていて、実際に訪問し、人々がどの様に生きているかを見ることは非常に面白いです。
マイナス-
アメリカ人は、他の英語を話す国々より多くのスラングを使っています。もしたくさんの時間を若い人々と過ごせば、最終的に友達内でしか理解されないたくさんの言葉(スライング)を学ぶ結果になります。他の国々の英語と比べて、アメリカ英語は国際的ではなく、文法的にも正しくないです。
アメリカの学校に行くためにビザの申請をしようとすると、他の国々より多くの書類を書く必要があります。滞在期間が3ヶ月未満で、1週間で18時間未満の間で、学校に通う予定なら必要でないかもしれませんが。申込料も多少高く、入国拒否されても事前に振り込んだ申込料の保証はありません。
ビザを取得できても労働が禁止されている場合が多いです。労働が法的に許されているビザでも様々な条件があり、労働できないこともあります。


カナダの英語留学

プラス+
カナダの物価はアメリカよりも安いです。カナダ人はアメリカ人より正しい英語を話して、より少しのスラングしか使いません。アメリカやカリブ海諸国と比べて、英語の学校はより発展していて、申込の手順はより単純で安いです。カナダからアメリカへ旅行するのも非常に簡単です。
マイナス-
都市と都市の間がかなりの距離があります。そして冬は非常に寒いです。

南アフリカの英語留学

プラス+
生活費が安いように、授業料も低いです。天候もよく、他の国々よりゆっくり話される中立の英語です。アフリカ文化を経験でき、サファリを楽しめる機会があります。
マイナス-
南アフリカ、他の国々と比べると決して安全な国とは言えません。社会的な問題があり、夜出歩くのはかなり危険です。天候は非常に暑いです。

マルタの英語留学

プラス+
天候は暖かく、国自体が小さいのでどこへ行くのにも便利です。物価は他のヨーロッパの国々と比べると安めです。いくつかの国の人々には入国、ビザにオ申請が非常に簡単です。
マイナス-
マルタ国民のほとんどが英語を第一言語としていません。そして、仕事を見つけることも非常に難しいです。墓の国の学校と比べると、施設の水準が低いところが多いです。

カリブ海諸国の英語留学

プラス+
物価は、他の国々と比べると安めです。一年を通してよい天気に恵まれています。旅行者に強い基盤があります。 マイナス-
カリブ海諸国の英語学校は、長い歴史がありません。仕事を見つける故てゃ非常に難しいです。














Russian Spanish Italian Korean Portuguese English Japanese German French Chinese