どうやっていい英語学校を見つける
ホーム
情報
イギリス
アイルランド
オーストラリア
ニュージーランド
ア メ リ カ
カナダ
南アフリカ
マルタ
カリブ
TRAVBLA

どんな学校?


これほど多数の中から、適した学校を探すことは非常に難しいでしょう・B学校を選ぶことの第1ステップは、どこで勉強したいか決めることです。どこで勉強をしたいか決め、学校を検索し絞り込み適した学校を見つけてください。 そしてコースを探す前に、自分自信に留学に関連する質問を問いかけ、よく考えた上で学校を探し始めた方が時間を節約できます。。


1。 どの国で勉強をしたいか?自分にとって何が重要ポイントか?大きい町か小さい町、どちらで番今日をしたいか?街の中心で住みたいのか?郊外で住みたいのか?田舎で住みたいのか? 学校以外で他の事を学びたいのか?新しい技術を身につけたいのか?留学中に仕事をしたいのか?など、勉強以外の希望を事前に考えておいた方が、どこの国に留学するかを決めるときに絞りやすくなります。

2。 どのようなプログラムを勉強したいですか?できる限り集中的に学べるコースで勉強したいですか?懇親会や文化的な活動があるよりくつろいだ環境で勉強をしたいですか? ビジネスや法律、医学、軍隊英語のように、あなたは経歴に適切な英語を勉強することを望んでいますか? 留学中にスキーなどをしたいのであれば、オーストラリアのシドニーの学校を選べば欲求は満たされるでしょう。

3。 コース終了後、いに付いた英語力を使うことを計画しますか?多くの学校にはコースの終了後に大学や短大、専門学校に、大学に入学できるとの協定があります。もし移住したいと望みがあれば、国がそこで移住することをより簡単にすることができます。

4。 いくら使うかいとわないですか?授業時間と学校の施設の数は価格に反映されてきます。 アルバイトを探しますか?理想的には、十分なお金を持った上で仕事を見つけた方が良いでしょう。特別な技術を持っていない限り、英語を必要としない仕事を見つけることができる保証できません。その国に実際に行ってから、アルバイトを探したほうが簡単です。 自炊しますか?それともレストランなどで食べかすか?日本の近くの国で滞在したいですか?それともどこか遠い国を訪れたいですか?

5。 どのようなタイプの宿泊施設を探しますか?ほとんどの学校が宿泊施設に関する情報をを持っていますが、全員がホームステイに収容できるわけではありません。人によっては、希望の宿泊施設を選ぶことが出来ないこともあります。 経費節減のためにシェア・ルームでも構いませんか?もしあなたが母国の英語のスピーカーと話をして、文化を学ぶことを望んでいれば、ホームステイは良いオプションですが、ホストファミリーの規則の中で生活しなければなりません。 通学時間にどれぐらい掛かっても平気ですか?

6。 一日に何時間勉強したいですか?自由時間に仕事や社会活動をしたいですか?留学先のほとんどの国の会社では、ある程度の英語力を必要とするの事前に十分な勉強が必要となります。

7。 クラスの平均人数は何人を・]しますか?より多くの人々に会うために大きい教室がいいか、より小さいグループでもっと英語の練習をすることを好みますか? 母国の人(日本人)がいるクラスを望むか、あるいはいろんな国から来た人達がいるクラスの望みますか? 学校は、あなたがそこで日本からの唯一の生徒であるか保証できませんし、どこの国の人達がクラスの何パーセントを占める等の統計も保証できません。もしこれがあなたにとって重要ならば、学校と連絡を取って、今現在の生徒の構成を尋ねるのが最も良い方法です。

8。 いつ学校に通いたいですか?ほとんどの学校は、クリスマスの間の1週間閉校します。6月から8月までは、季節的な仕事を捜している人などが入国してきます。そのため入学希望者も増え、学校は混雑します。もし寒さが嫌いなら、冬の時期ににスコットランドへ留学することはお勧めしません。

9。 どのような学校の課外活動を希望されますか?学校は良い社会活動のプログラムを持っていて、参加すればクラス・メイトとともより長い時間を過ごせ、英語の上達にもつながります。 どのような学校のサービスを希望しますか・学校は、銀行口座の開設も手伝ってくれ、異なるビザの申請やクラス以外でも英語の勉強の手助けをしてくれます。

10。 どのような設備が学校にあればいいですか?もし大学で英語を勉強すれば、コンピューター室やインテーネット・カフェなどの施設も使え、他のクラスにも出席する事が出来ます。 もし食堂などがなければ、授業後どこで友達と話せるのか?自由時間にジムやプールを利用したいですか?

一度自分自身にいくつかの質問を問いかければ、あなたがどのような種類の授業に出席したいか簡単に決めることが出来るでしょう。 学校側はできるだけのことはしてくれますが、最終的には自分自身の努力で英語の上達や友達を作れるかが左右されることを忘れないで下さい。カルチャー・ショックと孤独感を感じる準備をしておいてください。カルチャーショックと孤独の感じに対して準備をしてください。





ウェブサイト

最初に目を通したほうがよいものは、ウェブサイトです。学校のウェブサイトが、あなたに学校のサイズ、施設、価格、及び授業方針などの情報を与えてくれます。学校の写真も数枚載っているので雰囲気も分かります。いくつかの学校は印象的なウェブサイトがありますが何が背後にあるか分かりません。他のいくつかの学校はウェブサイトにそれほどのエネルギーを費やしていませんが、確固たる評判や数年の経験があったりするので、ウェブサイトだけ頼って学校を決めることは避けたほうが良いでしょう。


財団

全ての英語を話す国が、英語の学校のための国の認定体があります。学校がこのリストに出ていればある程度良い学校だと保証されます。規則及び規定は各国に存在します。ほとんどの学校が評判が良いですが、移住目的者への手助けや詐欺のための偽者の学校も多少存在します。ほとんどの国々が評判が良い英語の学校の登録簿を持っています。学校が業界標準に従っていることを保証するだけでなく、もし学校が閉鎖になれば料金を払い戻すか学生を転籍させることもできます。 労働ビザを得るには、政府に認められた学校で学生としての登録が必要です。 よりたくさんの詳細は、特定の国のページで見ることができます。


インターネット

いったん学校に決めれば、インターネットで学校の名前を検索し、追加情報などをチェックしてください。(過去の学生の意見や学校要覧など)


エージェント

エージェントは、有効な情報源であるかも知れませんが、高額な学校を推薦されることもあり、より支払わなければならなかったりします。しかし、もし評判が良いエージェントを選べば良い品質の学校を保証されます。


コスト

いったん英語の学校を見始めれば、あなたは授業料に大きい相違があることが分かります。これには、いくつかの理由があります。より良い施設を持っていたり、学校が古かったり、教室が小さかったり、所在地的に高かったりして起こります。これの情報は全てウェブサイトを見ることによって明らかになります。授業が学校によって大きく変わるもう1つの理由は、大々的な広告料とマーケティング予算があるからです。 あなたのコースがどの程度良いものかは、教師によっても異なります。小さい町の学校と大学は通常スタッフの入れ替えは少ないです。ほとんどの英語の学校では、教師がおよそ1年働いて退職または移動があるので、どのような教師があなたを教えることになるかは明らかではありません。全ての学校が、前・烽チて作られたプログラムと自身のシステムを持っていて、事前のトレーニングを終えた人や、学位のある人、あるいは数年の経験がある人しか雇いません。これらの情報も学校のウェブサイトに全て載っているはずです。もし安い授業料や品疎なオプションを望むなら教師の質は影響しないでしょう。








Russian Spanish Italian Korean Portuguese English Japanese German French Chinese