仕事。英語留学のバイトとパート。英語圏の就職
ホーム
情報
イギリス
アイルランド
オーストラリア
ニュージーランド
ア メ リ カ
カナダ
南アフリカ
マルタ
カリブ

  TRAVBLA

仕事


多くの学生が勉強に融資するためにアルバイトをします。もしアルバイトをするつもりなら、留学先の国の法律及び環境を理解した上で仕事を探したほうが良いでしょう。日本で(留学する前)から留学先でのアルバイトを探しても、実際に到着してから状況が変わることもあります。しかし、求職率の増加のため、実際に現地に着いてアルバイトを探しても見つけることが出来る保証はありません。


柔軟な対応

海外で仕事を探す時に重要なことは、日本とは違うということを憶えておいたほうがよいでしょう。雇い主は、あなたの資格あるいは経歴を重視しません。いくつかの雇い主は、母国の英語のスピーカーを雇った方がより楽であると感じています。自分自信に特別な業種しか出来ないという制限したり、あなたが普段アルバイトを探すときの方法だけに頼らない事が重要です。準備することが重要で、日本を発つ前からアルバイトを探し始めた方がいいです。あなたが勉強する地域で、色々な業種、方法で諦めずに可能な限り探した方がいいです。他の学生がどこで仕事を見つけているか情報を集めたり調べたりしてください。特にたくさんの外国の学生が働く所に仕事があるはずです。もし仕事に就きたいなら、日本を発つ前からエージェントに履歴書をメールで送って、自分の技術や利点を説明しておいた方がいいでしょう。留学先に到着したら、メール・アドレス及び履歴書、新しい電話番号、更新された詳細などを送り、電話でエージェントに連絡を取りましょう。1社だけのエージェントに頼らずに、出来る限り色々なエージェントと連絡を取った方がいいです。ウェブサイト上の求人情報に、自分の技術などの詳細をリストに載せましょう。もしあなたの詳細がすでに求人情報に載っていれば、住所変更があれば更新してください。出来る限りインターネットで検索し、いろいろなところに連絡を取ることも重要です。日本からも国外在住者のためのローカルなウェブサイトで現在の求人状況を調査できます。また、あなたにアドバイスしてくれる人の連絡先を探すことも出来ます。

履歴書

多くのウェブサイトで、履歴書の書き方を教えてくれます。そのウェブサイトの情報が正しければ、その情報に従って履歴書を正しく書くことがが重要です。多くの留学生は、スペル・チェックのしていなかったり、資格がまともに翻訳されていない履歴書を提出しています。どこの国でも履歴書を書く習慣がありますが、実際には履歴書の書き方がく異なることが多数があります。しかし、たくさんの外国人学生を雇う業種を求めていればタイプ・ミスやスペル・ミスは受け入れられません。もし履歴書を持っていく前にスペル・チェックが出来ないなら、インターネット・カフェに行って、そこでスペル。チェック機能を使い修正したほうが良いでしょう。さらに学校の先生やホームステイの家族に見てもらい最終チェックした後、履歴書を送った方が良いです。一人に頼らず、何回もチェックして下さい。履歴書の内容がどれだけ良くても、アルバイトの仕事にその技術はほとんど関係無いので、必要の無い資格まで書く必要はありません。仕事に就くために大事なことは、タイミングです。本当に仕事が必要ならば、履歴書のコピーを持って同じ場所に気にせず何回も通うことです。時々、職場に急な空きが生じる時、履歴書の山の一番上にある人が電話を受けるものです。履歴書を提出する時は、礼儀正しく、皆に愛想良く振るいましょう。100回断られて長い一日を経験することになるかもしれませんが、全ての雇い主に肯定的な姿勢で前向きで友好的でなければなりません。 もし、疲れて落胆しているような顔で歩いていれば、友好的で肯定的であるように振る舞って歩く次の人が仕事に就くことになります。



いつ見るべきか

もし、仕事を見つけることについて本気ならば、モチベーションを保ったままであることが重要です。そshて、できる限り早く求職活動を始めてください。早く始めることは、地元のより良いアイデアを与えてくれます。地元のエージェントに履歴書を送った後、早々に何らかの反応があれば、それはあなたの技術の需要があるという良い兆候です。もし返事がなければ、検索範囲を広げてみても問題はないです。職場についてより多くの情報を持っていればいるほど、あなたが仕事を見つけることが出来るでしょう。仕事をなかなか見つけることが出来なくても、あきらめるべきであることを意味しません。会う人々にアドバイスや情報を常にもらうように心がけましょう。



どこを見るべきか

単純明快で、あらゆるところで情報を見なければなりません。多国籍の財政上の組織やファッション関係の仕事に尽きたいという夢があっても、まずないと考えたほうが良いでしょう。大学の卒業程度の資格を待っていても、それがすぐに仕事に就けるという意味ではありません。理想的な仕事が、自分の家に滞在して、そこで働くことだとしても、英語の勉強のために、皿洗いしたり便所掃除の仕事に就かなければならないことも理解しなければならないです。いったんこの事実を受け入れれば、あなたは仕事を見つけるのをより簡単であると感じます。自分自信を有能であると思い信念を持って仕事を探し続ければ、より良い仕事に就けより大きい住居にも住めるでしょう。もしあなたがエージェントにアルバイトとして採用さたら、エージェントは肯定的な評価を受けれます。そして、あなたが実際に就きたい職種で再雇用することがより見込まれます。
友達を過剰評価しないで下さい。学校の生徒たちは、あなたより長い期間留学先の国にいて、仕事の情報をたくさん持っている他の学生を知っています。どこの職場に空きがあるとか、どこで仕事の情報を探すべきか非常に良いアドバイスを提供してくれるはずです。

仕事を見つけることが簡単だと思わず、前向きで自分自身を開放的なままでいれば、仕事に就くことが出来るチャンスが巡って来ます。









Russian Spanish Italian Korean Portuguese English Japanese German French Chinese